仕事は行きたくないことが正しい|大事なことはぜんぶ臨床で学んだんだ|mizuki|#039

▼バックナンバーを読む

看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」のみなさんが、毎回テーマに沿ってそれぞれの看護の足跡を残していく本企画。

「学びかたを学ぶことで看護師として生きる選択肢をふやしていく」ことをコンセプトに立ち上げたメディア「メディカLIBRARY」のスタッフが、毎回、フラクタルのみなさんにテーマを伝えています。

今回のテーマは「出勤したくないときの対処法」です。

---------------------

今回は出勤したくないときの対処法について。
まあ、そもそも「今日は仕事楽しみだ!! 出勤したい!!」と思っているときは、たぶん病んでますね。
個人的に「仕事」というのは労働の義務によって行うもの。
給料はそれの対価というよりは「あなたの大切な時間を奪いました」という慰謝料だと思っています(笑)。
そんな感じで考えている「仕事」。
基本的には出勤したくないのが普通だと思っています。

出勤したくない理由っていろいろありますよね。
仕事でミスした日の翌日や、自分に合わない人と仕事をしないといけないとき、仕事が忙しいとわかっているとき、逆に忙しくないとわかっているときも「別に今日行かなくてもいいよな~」なんて思って行きたくない。
いやな先輩や上司と同じ勤務の日なんて、勤務表が出てからずっと気持ちが晴れないし「あー、明後日いやだな~」と2日も前から行きたくありません。
提出期限の迫っているもの、プロジェクトの進捗がやや遅れ気味なものがあったりすると、がんばろうっていう気持ちより先に「あー、いやだな………」って気持ちが先立つものです。

ただ、こういうのって意外と行ってしまうと大したことなかったりしますよね。
あれこれ考えすぎて不安だけが増大していく。
「案ずるより産むがやすし」の慣用句どおりだと思います。
もちろん、「考えたより大変だったよ!!」ってときも多々ありますが。
あとは、真正面から向き合わないことも大切。
行きたくないときは休んでもよいと思うんです。
逃げかもしれないけど、逃げて何が悪いんだって思います。
「なにも自分ひとりががんばらなくてもよい。今日はがんばれないけど、明日からがんばる」って気持ちぐらいが一番いいかもしれません。
毎日毎日がんばっていたら、いつか心が壊れてしまいますから。

ちなみに、みなさんは通勤手段はなにを使っていますか?
公共交通機関を使う人もいれば自家用車という人もいますよね。
私は今まで自家用車か電車でした。
職場に近いところに住みたくないというのが理由ですが、ほかにも「好きなものに乗れる」というのもあります。
私は車も電車も好き。
なので通勤そのものが楽しいんです。
通勤は好きでも仕事はいやって感じですかね。
車に乗る、電車に乗ることを楽しみにしています。
車に毎日乗ってても、車好きには楽しいものです。
職場に着いてからも、帰りの通勤のことを楽しみにしています。

本当、基本的には「仕事したくないのが普通」なわけです。
「好きを仕事に」といいますが、そんな人は一握り。
基本は会社なんて行きたくないところ。
行きたくなくても「ま、不安に思うより行ってみようか」って気持ちが、案外気持ちを楽にさせるかもしれません。

▼バックナンバーを読む

-----------------------------
fractale~mizuki~
twitter:mizuki@おぬ10年目看護師(@c_mikzuki

乗り物好きな看護師。事務職、データベースエンジニアを経て31歳で看護師に。脳外科、回復期、精神科病棟を経験。その後は在宅医療を経験し、再度精神科病棟へ。看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」管理者。医療メディア「メディッコ」メンバー。看護師のキャリアについて考える「ナスキャリ部!」副部長(仮)。その他多数プロジェクトに参加。好きな言葉は「まだ見ぬ誰かの笑顔のために」。好きな看護技術はひげ剃り(その他ほぼ不得意)。好きな看護業務はリーダー業務。好きな都バスの路線は【業10】新橋~とうきょうスカイツリー駅前。 

about fractale
https://fractale3.com/mizuki/