ひとことで言うと… #210|食道静脈瘤

esophageal varix

-------------------------


食道の粘膜内や粘膜下層にある静脈が怒張して、こぶのようになった状態。

肝硬変により門脈血流が肝臓に入りにくくなる門脈圧亢進症になると、門脈血流が別のルート(側副血行路)を通るようになり、その一部として食道の静脈血流が増加し、静脈が怒張してこぶのようになる。進行すると静脈瘤が破裂して大出血を起こすことがある。

―書籍『かんテキ消化器』より食道静脈瘤の冒頭の1ページ目を紹介します―




循環器/脳神経/整形外科/消化器
ナース・コメディカルのための本当に臨床現場で使えるビジュアルブック




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
ケアに絶対でてくる 消化器解剖&病態生理のちしき
消化器ナーシング2020年4号