ひとことで言うと… #052|小児脳腫瘍

pediatric brain tumor
---------------------------------------------------------


小児がんのなかで、白血病に続き2 番目に多いのが脳腫瘍。小児に発生する脳腫瘍は悪性のものが多く、悪性の場合、治療は手術・放射線治療・化学療法となり闘病が長期間に及ぶことが多い。その特徴を理解して日常診療や生活支援を行うことが大切。小児脳腫瘍の代表的なものには、髄芽腫(medulloblastoma)胚細胞腫瘍脳幹神経膠腫などが挙げられる。ここでは髄芽腫を中心に小児脳腫瘍について説明する。髄芽腫は小脳虫部から発生することが多く、小児に好発する。WHO グレードはⅣの悪性脳腫瘍。第四脳室内で腫瘍が大きくなり、水頭症の合併が多い。このため、症状は水頭症による頭痛吐き気・嘔吐や、小脳失調による歩行障害ふらつきなどがみられる。



かんテキWEB
“疾患のワンポイント”が確認できる無料Webアプリ

かんテキ
循環器/脳神経/整形外科
ナース・コメディカルのための本当に臨床現場で使えるビジュアルブック




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
語感で覚える 脳の解剖生理
BRAIN NURSING 2017年1月号