認定講習会が迫ってきた!|ゼロからはじめる呼吸療法認定士受験|#008

河添有希
理学療法士
 


▽バックナンバーから読む場合はこちら



さて8月が近づく時期、そろそろ講習会テキストが送られてきて、重さと分厚さに萎えてしまい、読もう読もうと思っているうちに読まずに講習会受講で東京に行くって流れを送るはずでした。が、しかし!今年はCOVID-19の流行によって講習会はeラーニングでの開催が決定しました。地方の人からすると、東京に行くのは観光もあり一種旅行気分に浸れるって方もいらっしゃったかもしれません。残念ですよね。

2020年に初めて講習会がeラーニング形式に!

はじめてeラーニング形式となった2020年は4月末に申請書類の審査結果の通知とともに認定講習会がeラーニング開催になったことを知らせるメールが届き、5月末に認定講習会の申込方法のメール、6月末に受講確定のメールが受講予定者にそれぞれ届くという流れになりました。そのメールが以下の画像になります。

7月末現在ではeラーニングの詳細についてはお知らせが来ていませんが、ホームページ上では開催時期・期間は8月下旬から1カ月程度と明記されています。
今までは新宿で2日間、朝から夕方まで缶詰になって受講していました。オフラインでは一度話した内容を巻き戻せないし、何回か繰り返し聞き直したりなんてことはできませんからね。受講ペースがタイトすぎるから分散して受講できたり、先生の話についていけないから一時停止なんて選択ができるとしたら、それはeラーニングのメリットかもしれません。

講習会受講までの準備

日頃から臨床で呼吸療法に触れており全般的に理解のある方は、流し見しながら知らないことがあればテキストを都度読み返していくような形で受講されるとよいと思います。残念ながら知らないことが圧倒的に多いという方は、講習会テキストを一度サラッと眺めてみることをお勧めします。いきなり受講して知らない単語や知らない話題だらけだと、自信はなくなりモチベーションもググっと下がってしまいますからね。すべてを理解しようとしながら読まずに、ここにはこんなことが書いてあるんだと認識する程度でいいと思います。余裕があるのであれば、この連載で再三言っている『100日ドリル』などの問題集を使用し、章ごとに問題を解く→講習会テキストを読むという流れを作れたらいいと思います。それを経てから受講するだけで、講習会で入ってくる情報量は格段に増えると思います。

臨床でバリバリやっている常識ほど見直してみて!

薬剤の知識はある、リハビリテーションの知識はある等、特定の領域の知識があると自負されている方もいらっしゃると思います。臨床をバリバリやっている方に多いですが、試験となるとちょっと勝手が違います。臨床って意外と自分の常識や組織の常識っていう色が入っていて、一般論やエビデンスから離れた行為や取り扱い、考えなんかが紛れ込んでいます。私もそうだったのですが、「いや、臨床ではこうだろ!」って思うこともしばしば。その感覚のまま受講・受験すると思わぬ落とし穴にはまります。
単語は理解しているけど全体像は掴みきれてないって感覚くらいで受講したほうが、案外講習会の内容はスッと入ってきます。自信がない人は、全く知らない単語などを潰したうえで受講すれば安心だと思います。自信がある人は、逆にその自信のある領域をしっかり見直したうえで受講されるといいかと思います。

//バックナンバー//

#001  3学会呼吸療法認定士ってどんな資格? 資格取得の意義と取得までのstep
#002  なぜ呼吸を学ぶことは難しく感じちゃうの?理解し始めると見えてくる楽しさって?
#003  呼吸療法認定試験勉強に必要なもの
#004  過去問を解くだけOK!?に答えます:過去問解説が肝です
#005  ちょっと早い今だからこそやる勉強内容とその方法
#006  ちょっと早い今だからこそやる勉強内容とその方法 PART2
#007  臨床で疑問が出てこない、モチベーションの下がった人へ



/// お知らせ ///

100日ドリル
発売中!
みんなの呼吸器 Respica 別冊
毎日使えて基礎が身につく!
2020 呼吸療法認定士“合格チャレンジ”100日ドリル

累計発行部数19,000部(2015年~)・信頼度No.1! 選びぬかれた頻出問題+充実した解説で、基礎から標準的な知識の整理と計画的な学習にもってこいの一冊。
▼詳しくはこちら