ひとことで言うと… #157|変性疾患(頚椎)

degenerative diseases(cervical)

---------------------------------------

頚部脊椎を構成する椎骨椎間板椎間関節靭帯組織が、加齢を主因とする変性をきたし症状が現れる。これらの変性は脊柱管あるいは椎間孔狭窄をきたし、脊髄あるいは頚部神経根障害の原因となる。また頚椎は多彩な運動機能を有し、静的因子のみならず動的因子も症状の発症に大きく関与する。



かんテキWEB
“疾患のワンポイント”が確認できる無料Webアプリ

かんテキ
循環器/脳神経/整形外科
ナース・コメディカルのための本当に臨床現場で使えるビジュアルブック




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
語感で覚える 脳の解剖生理
BRAIN NURSING 2017年1月号