1分間でコレだけは覚えるコレだけシート… #192|感染


感染とは、病原微生物が寄生・増殖し、生体に好ましくない反応(疾患など)をきたした状態。病原微生物が生体に侵入して定着・増殖することで、宿主が感染症を発症する。病原性のない微生物や不顕性感染など、感染しても発症しないこともある。


症状
●局所症状:発赤・腫脹・熱感・疼痛(=赤腫熱痛)である。明らかな膿瘍があれば感染巣と確定する。
●全身症状:発熱、全身倦怠感、食欲不振などが認められる。高齢者では発熱がみられないこともあるので注意する。全身の炎症反応の指標は、体温、白血球数、CRP(C 反応性タンパク)が重要である。これらの指標をもとに感染症の治療効果判定を行う。生化学検査によってウイルスなどの感染や敗血症の有無を判定する。


バックナンバーをみる
循環器・整形外科・脳神経

かんテキWEB
“疾患のワンポイント”が確認できる無料Webアプリ

かんテキ
循環器/脳神経/整形外科
ナース・コメディカルのための本当に臨床現場で使えるビジュアルブック




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
切って集めて、自分だけのノートをつくろう!
ポイントだけをまとめた整形外科疾患ファイル 下肢編

整形外科看護 2018年4月号