ひとことで言うと… #204|もやもや病

moyamoya disease

--------------------------

大脳半球の大部分を栄養する内頚動脈の終末部に、経過とともに徐々に狭窄をきたし、その結果、脳虚血脳出血をきたす疾患。この内頚動脈の狭小化にともない、頭蓋内への血流を補うために、異常な細い血管(側副血行路ろ)が発達する。この側副血行路が脳血管撮影で「もやもや」して見えることが、本疾患名の由来である。英語でも「moyamoya disease」とよばれることからもわかるように、1950 年代に日本で見つかり、1960 年代に初めて報告された疾患概念。原因に関しては、一部遺伝子の関与も示唆されているが、その本質は現在でも不明である。



かんテキWEB
“疾患のワンポイント”が確認できる無料Webアプリ

かんテキ
循環器/脳神経/整形外科
ナース・コメディカルのための本当に臨床現場で使えるビジュアルブック




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
語感で覚える 脳の解剖生理
BRAIN NURSING 2017年1月号