ひとことで言うと… #215|胃切除後障害

postgastrectomy syndrome

-------------------------------


手術で胃を切除すると、胃が小さくなった・あるいはなくなったことによる小胃症状や逆流症状、食べ物が滞ったり食物が腸に早く流れすぎたりする症状が長期にわたり続く。また、栄養吸収の面では、鉄分、葉酸、カルシウム、ビタミンB12などの吸収が悪くなり、貧血や骨粗鬆症が起きやすくなる。これらの症状をまとめて胃切除後障害という。

―書籍『かんテキ消化器』より胃切除後障害の冒頭を紹介します―




循環器/脳神経/整形外科/消化器
ナース・コメディカルのための本当に臨床現場で使えるビジュアルブック




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
ケアに絶対でてくる 消化器解剖&病態生理のちしき
消化器ナーシング2020年4号