ひとことで言うと… #241|虫垂炎

appendicitis

------------------------------


虫垂が炎症を起こして腫大し、細菌感染を起こした状態
炎症の原因は、糞石などによる虫垂内腔の閉塞によることが多い。治療が遅れると腫大した虫垂が穿孔し、腹膜炎に至る場合がある。虫垂炎は急性腹症の最もよくある原因の一つで、10~20歳代の若年層に多いといわれるが、小児以降の全年齢でみられる。

―書籍『かんテキ消化器』より虫垂炎の冒頭1ページを紹介します―




循環器/脳神経/整形外科/消化器
ナース・コメディカルのための本当に臨床現場で使えるビジュアルブック




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
ケアに絶対でてくる 消化器解剖&病態生理のちしき
消化器ナーシング2020年4号