ひとことで言うと… #060|進行性核上性麻痺

progressive supranuclear palsy:PSP
---------------------------------------------------------


中年以降に発症し、黒質淡蒼球視床下核(Luys体小脳歯状核脳幹被蓋などの神経細胞脱落(神経細胞が死ぬこと)が生じることで歩行障垂直性眼球運動障害(上下方向に眼球を動かすことが制限される)、体幹や頚部の固縮認知症などが進行する神経変性疾患である。姿勢保持障害(バランスを崩したときに姿勢を立て直すことが難しくなる)が強く、病初期から転倒が目立つ。



かんテキWEB
“疾患のワンポイント”が確認できる無料Webアプリ

かんテキ
循環器/脳神経/整形外科
ナース・コメディカルのための本当に臨床現場で使えるビジュアルブック




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
語感で覚える 脳の解剖生理
BRAIN NURSING 2017年1月号