看護力検定チャレンジテスト|#015

▼バックナンバーを読む

事例

Aさん(65 歳、男性)は、肝細胞がん(hepatocellularcarcinoma)と診断され、肝右葉切除術を受け、肝切離面にドレーンが留置されています。既往に糖尿病があり、インス
リン注射でコントロールしています。術後3日目になりました。

問題

食事開始に伴い指導を行いました。最も適切なのはどれですか。
<正解率64%>

(1)「食事は薬と考え提供されたものは全部食べましょう」

(2)「食事は鉄分を多く含むものを食べましょう」

(3)「食後は安静にしましょう」



… 正解は …











(3)

解説

(1)⇒手術後数日なので無理して食べる必要はありません。
(2)⇒鉄分を多くとる必要はありません。バランスよく摂取することが大切です。
(3)⇒血液中の栄養分が分解されるために門脈の血液量が増えます。安静を守れないと肝臓に供給される血液が減るため、食後30分以上は安静にする必要があります。

肝臓の働きは約500以上あるとされています。主にどのような働きをしているのか、肝臓の仕組みはどうなっているのかを知ることが必要です。