この連載は、英語の先生でも医師でもない、看護業務を知り尽くした現役看護師が医療現場で本当に使える英会話を紹介します。

検温、点滴、清拭、おむつ交換など医療現場で頻度の高い看護業務に焦点を当て、使えるフレーズを丁寧に解説します。

【看護師の看護師による看護師のための英会話:Episode1】は、「部屋持ちのあいさつ」です。

今日は、外国人患者さんを受け持ちます。あなたは今、部屋持ちのあいさつのため外国人患者さんの部屋の前に来ています。


こんな普段の会話を英語にしてみましょう。

(ドアを)コン・コン

①「失礼します、こんにちは」
②「今日担当する佐藤です。よろしくお願いします」
③「もう少ししたら、検温に伺いますね」
④「何かありましたら、ナースコールで教えてください」
⑤「失礼しました」

Knock, knock.

①Can I come in? Hi, how are you? How are you feeling today?
②I am Sato. I am your nurse today. Nice to meet you.
③I will be back soon to check your vital signs.
④Please press a nurse call button when you need any help.
⑤See you soon.

今日は、部屋持ちのあいさつで使えるフレーズ②「今日担当する佐藤です。よろしくお願いします」の英語表現を深掘り解説しましょう。

「今日担当する佐藤です」は「I am Sato. I am your nurse today」を使いました。
みなさんは、英語で自己紹介をするとき「My name is 〇〇」と学校で習いませんでしたか?

このフレーズは間違いではありませんが、「My name is ~」はかなりフォーマルな言い方です。
「私は~と申します」という感じでしょうか。
「My name is ~」は、大勢の前で自己紹介するときや仕事の面接などで使うことの多いフレーズです。

部屋持ちのあいさつで「私は〇〇と申します」とはあまり言わないですよね。
「佐藤です」と患者さんに伝えるときは、「I am Sato」でOKです。


さて、今日のフレーズで一番ひっかかるのは「~を担当する」ではないでしょうか?
“どうやって英語にしたらいいだろう…”と検索してみると「be in charge of ~」が出てきます。
英単語帳にも頻繁に出てくる表現ですが、部屋持ちナースがこのフレーズを使うのはNGです。

なぜなら「be in charge of~」には、「責任のある立場」というニュアンスが含まれているからです。
「I am in charge of you」は、「私はあなたの責任者です」という意味で患者さんに伝わってしまいます。
このフレーズが使えるのは、病棟の責任者や担当医くらいでしょう。

部屋持ちナースが「担当します」と言いたいときは、「I am your nurse(あなたのナース)」でOKです。
今日担当するなら「I am your nurse today」、夜勤で担当するなら「I am your nurse tonight」です。

簡単でしょ?
これは、日勤・夜勤・病棟・外来を問わず、いつでも使えます。

さいごに、「お願いします」は「Nice to meet you」を使いました。
「Nice to meet you」や「Nice to see you」は、日本語の「よろしく」に相当する言葉です。

「Nice to meet you」は、「はじめまして」という意味もあるので初めて担当する患者さんに使います。
「Nice to see you」は、2回目以降のごあいさつに使いましょう。
今回は、初めて担当するという設定で「Nice to meet you」にさせていただきました。



いかがでしたか?
次回は、③「もう少ししたら、また検温で伺いますね。」を深掘り解説していきます。

では、Let’s wrap it up for today. Have a good one. (今日はこのへんで、またね~)



佐藤まりこ
生まれも育ちも北海道。しかし、寒いのが苦手で大学卒業とともに上京し大学病院に勤務。さらなる暖かさを求めて2009年、米国・ロサンゼルスに留学。2010年、California RN(Registered Nurse) Licenseを取得するが就職先が見つからず無念の帰国。2012年、駐在妻として米国・オレンジカウンティーにカムバック。2013年、Refresher/Reenter-Update Education Programで総合病院の急性期病棟実習を修了。その後、念願のRNとして内視鏡センターに勤務し充実した日々を送るが、2016年、夫が日本に帰りたいと言い出しふたたび無念の帰国。帰国後は、子育てに奮闘しながらも幸せな田舎暮らしを謳歌し大学病院に勤務中。 幸せな時間は、「川の字で寝る休日のお昼寝」。

▼佐藤まりこさんのほかの連載