この連載は、英語の先生でも医師でもない、看護業務を知り尽くした現役看護師が医療現場で本当に使える英会話を紹介します。

検温、点滴、清拭、おむつ交換など医療現場で頻度の高い看護業務に焦点を当て、使えるフレーズを丁寧に解説します。

【看護師の看護師による看護師のための英会話:Episode2】は、「検温:血圧編」です。

今日は外国人患者さんを受け持っています。
日本人の受け持ち患者さんの検温を終え、残るは外国人患者さんの検温です。

こんな普段の会話を英語にしてみましょう。

(ドアを)コン・コン

①「失礼します、検温に伺いました」
②「まずは、血圧を測りますね」
③「袖をまくりますよ」
④「マンシェットを巻きますね。ちょっときつくなりますよ」
⑤「血圧は121/60です」
~血圧が高いとき~
⑥「血圧は185/94です。かなり高いですね。頭痛や吐き気、めまいなどの症状はありませんか?」
⑦「もう一度反対側の腕で測ってみますね」
⑧「血圧が180以上の場合は、血圧を下げるお薬を飲みましょう」
⑨「薬を持ってくるので、ちょっと待っていてくださいね」
~血圧が低いとき~
⑩「血圧は83/43です。かなり低いですね。立ちくらみやめまいはありませんか?」
⑪「1時間後にもう一度血圧を測ってみますね」

Knock, knock.

①Can I come in? Hello. Can I check your vital signs?
②First of all, let me take your blood pressure.
③Can I roll up your sleeve?
④Let me wrap the cuff around your arm. You may feel a little tight.
⑤Your blood pressure is 121/60.
~血圧が高いとき~
⑥Your blood pressure is 185/94.
 It is too high. Do you have any symptoms like headaches, nausea, or dizziness?
⑦Let me take your blood pressure in both your arms.
⑧When your blood pressure is 180 or higher, you need to take a medication to get it under control.
⑨I will grab the medication for you. Please hold on a second.

~血圧が低いとき~
⑩Your blood pressure is 83/43. It is too low. Do you have any symptoms like feeling lightheaded or dizzy?
⑪I am going to check your blood pressure in an hour.

今日は、検温で使えるフレーズ⑥【血圧編】「血圧は185/94です。かなり高いですね。頭痛や吐き気、めまいなどの症状はありませんか?」の英語表現を深掘り解説します。

前回、血圧の値を伝えるフレーズを紹介しました。
「血圧は185/94です」は、「your blood pressure is 185 over 94」です。
「/」は「over」です。
数字の言い方は、「one hundred eighty five」を略して「one eighty five」で伝わります。

「かなり高いですね」は、「it is too high」を使いました。
今回は、簡単な英語「too」を使って血圧がかなり高いことを表現しました。
「too」は「あまりに~しすぎる」という意味です。
「too」は「pretty」に置き換えても同じ意味で使えます。
また、比較形を使って「it is much higher than normal(正常よりもかなり高いです)」と表現してもいいでしょう。

次は、症状の有無を確認しましょう。
高血圧の典型的な症状は、頭痛・吐き気・めまいなどがあります。
ただし、高血圧は別名「サイレントキラー」とも呼ばれ、自覚症状なく進行するのが特徴です。

「症状はありますか?」は「Do you have any symptoms ~」を使いました。
学校で習った「have」は、「~を持っている」でしたよね。
「I have a pen」が、一番わかりやすい例でしょうか。
これは「have」=「~を所有している」という概念を、わかりやすくモノで表現した例文です。
「have」はモノだけではなく状態や症状など、日本語の「いる」「ある」に相当するかなり幅の広い意味を持っています。

例えば、
「私は高血圧です」→「I have a high blood pressure」
「私は糖尿病です」→「I have a diabetes」
「肩が凝っています」→「I have stiff shoulders」
「片頭痛がします」→「I have a migraine」

「頭痛や吐き気、めまいなどの症状はありませんか?」は「do you have any symptoms like headaches, nausea, or dizziness?」を使いました。

日本語と英語では、少し表現の方法が異なることに気づかれたでしょうか?
英語の語順は、一番伝えたいこと・聞きたいことが先頭にきます。
一番聞きたいことは「症状の有無」なので、「do you have any symptoms~」から始まります。
具体的な症状は、「like」を使って後付けしました。「like」は「such as」に置き換えてもいいでしょう。
「頭痛」は「headache」、「吐き気」は「nausea」、「めまい」は「dizziness」です。
3つの症状に関しては、またの機会に詳しく解説させていただきます。

いかがでしたか?
次回は、反対側の腕で血圧を測りたいときに使えるフレーズを紹介します。

では、Let’s wrap it up for today. Have a good one. (今日はこのへんで、またね~)


ここがポイント!

「Do you have any symptoms like~」
(~の症状はありませんか?)

症状の有無を確認したいときに使えるフレーズです。とくに、2つ以上の症状の有無を聞きたいときはとても便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。



佐藤まりこ
生まれも育ちも北海道。しかし、寒いのが苦手で大学卒業とともに上京し大学病院に勤務。さらなる暖かさを求めて2009年、米国・ロサンゼルスに留学。2010年、California RN(Registered Nurse) Licenseを取得するが就職先が見つからず無念の帰国。2012年、駐在妻として米国・オレンジカウンティーにカムバック。2013年、Refresher/Reenter-Update Education Programで総合病院の急性期病棟実習を修了。その後、念願のRNとして内視鏡センターに勤務し充実した日々を送るが、2016年、夫が日本に帰りたいと言い出しふたたび無念の帰国。帰国後は、子育てに奮闘しながらも幸せな田舎暮らしを謳歌し大学病院に勤務中。 幸せな時間は、「川の字で寝る休日のお昼寝」。

▼佐藤まりこさんのほかの連載