ナースのための新型コロナウイルス講座|#007|メンタルサポート

//この連載シリーズ・バックナンバーを読む//

COVID-19の患者は感染症病棟に隔離され、標準予防策に加えて、接触予防策と飛沫予防策が実施されます。患者は病室や病棟の外に出ることが制限され、医療従事者はガウンやマスクや手袋を着用して入室します。そのような状況では、精神的な動揺がみられても不思議ではありません。「この感染症が重症化して、死ぬことはないだろうか?」「治ったとしても、近隣の人たちはどう思うだろうか?」「家族や友人に感染させていないだろうか?」などと不安になってしまいます。

こういった不安や精神的な動揺を経験するのは患者だけではありません。COVID-19の患者をケアする医療従事者も同様に経験しています。「自分が感染したら、どうなってしまうのだろうか?」「子どもに感染させたら、長期間の入院となり、勉学が遅れてしまうかもしれない」「祖父母に感染させたら、重症化させるかもしれない」などと心配になります。そして、メンタルなストレスが蓄積されて、疲労が取れないなどの症状がみられるようになります。

このような患者や医療従事者の精神的ダメージを早期に発見する努力が必要です。患者は感染症病棟から出ることはできないので、精神科医や臨床心理士などに相談して適切な対応を行います。医療従事者については勤務を交代するとか、感染症病棟への入室頻度を減らすなどを考慮します。

//バックナンバー//
#001  COVID-19の感染対策
#002  COVID-19の臨床症状、重症度、致死率
#003  COVID-19のCT所見と治療
#004  COVID-19の伝播するスピード
#005  SARS-CoV-2が環境表面に生息できる時間
#006  COVID-19の患者は発症前から感染性があるか?


-----------------------------
矢野邦夫

浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科部長
医学博士、浜松医科大学 臨床教授、産業医

1981年に名古屋大学医学部卒業。名古屋掖済会病院、名古屋第二赤十字病院、名古屋大学第一内科、米国フレッドハッチンソン癌研究所、浜松医療センターを経て米国ワシントン州立大学感染症科エイズ臨床短期留学。米国エイズトレーニングセンター臨床研修終了後、1997年に浜松医療センター感染症内科長、衛生管理室長に着任。2008年7月より同副院長(現職)。

インフェクションコントロールドクター、感染症専門医・指導医、抗菌化学療法指導医、血液専門医、日本輸血学会認定医、日本内科学会認定医、日本エイズ学会認定医・指導医、日本感染症学会、日本環境感染学会 評議員。

著書に、ねころんで読めるCDCガイドラインシリーズねころんで読める抗菌薬シリーズ(メディカ出版)、エビデンスに基づいた抗菌薬適正使用マニュアル(メディカ出版)など多数。



▼ 指導ツール集 公開中 ▼



提供:INFECTION CONTROL
https://www.medica.co.jp/m/infectioncontrol/




FitNs.
CLICK▶FitNs.で読める
新型コロナウイルス対策において、
医療従事者が行うべき最重要ポイント

INFECTION CONTROL 2020年6月号