体位変換|大事なことはぜんぶ臨床で学んだんだ|mizuki|#010

看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」のみなさんが、毎回テーマに沿ってそれぞれの看護の足跡を残していく本企画。

「学びかたを学ぶことで看護師として生きる選択肢をふやしていく」ことをコンセプトに立ち上げたメディア「メディカLIBRARY」のスタッフが、毎回、フラクタルのみなさんにテーマを伝えています。

今回のテーマは「体位変換」です。

---------------------

「大事なことはぜんぶ臨床で学んだんだ」シリーズは、fractaleの3人が新人時代に経験したことを書いていくわけですが、“体位変換”がテーマと聞いて、新人時代に苦労したなって2つ思い出したんです。

1つは回復期病院に就職して、「車椅子移乗をしてみて」と作業療法士に言われたとき。
患者さんを車椅子に移乗させたら「30点」って言われたんです。

このときから作業療法士が嫌いで嫌いで(笑)。

結局なにが悪かったのか、正直なところいまだに同じ移乗介助をしていますが、いつもいつも「これが30点なんだろうな」と思ってます。
新人のときの技術指導って、ほんとうに心に残るから慎重にやらないといけないですね。


まあ、このエピソードはどうでもよくて。肝心なのは次のエピソード。


脳神経外科で働いていたとき。
その日は初めての夜勤でした。

いつもは2人なのにプリセプターとともに3人でやった夜勤。
夜勤ができるぐらいだから、病棟のこともちょっとはわかり、患者さんの状態も徐々にわかってきた感じ。
ただ夜勤は昼間よりもやることがとても多く、あたふたしながら働いてました。

ある患者さんのおむつ交換をさっとやり、さっと体位を整えて部屋を出て、しばらくしたらその患者さんからナースコールが。

僕のプリセプターが「私行くわ」と言って対応して、僕はほかの患者さんのおむつ交換をしていました。

その後、「ちょっといい?」とプリセプターに呼ばれナースステーションへ。


「さっきあなたがおむつ交換して、体位を整えた患者さんからナースコールがあったじゃない。あれね、あなたへのクレームだったの。というのもね、あなたがおむつ交換して体位を整えていくんだけど、いつもおむつが腰までしっかり当たってなくて、しかも体もななめな状態で部屋から出ていくんだって。だから、ちゃんとしてほしいって話だったの。あの患者さんは身体の動きはとても悪くて自分では動きにくいわけだけど、ちゃんと見ているしわかっているわけよ。あなたも仕事に慣れてきたところだから、今までは1から学んでたけど、今はそれにスピードが求められるじゃない。でもね、適当にやることとスピードを上げることは違うんだよ。でね、あの患者さん、私がちゃんと伝えたら、次からはあなたにおむつ交換や体位変換をしてほしいって言ってきたの。だからがんばってね」と。


この話を聞いて、すぐに患者さんのところに行きました。
それに気が付き患者さんは笑顔で私にうなずいてくれました。
すぐに謝りました。
今まで不快な思いをさせてしまい本当に申し訳なかったです、上司から話を聞きました、不快な思いをさせないようにがんばりますのでよろしくお願いいたします、と。
夜だから小さめな声で。


部屋を出て、廊下で大号泣しました。
患者さんに申し訳ないことをしたなと。
仕事ができているつもりだったのに、ぜんぜんできていなかったじゃないかっていう悔しさが一気にあふれ出しました。


仕事は慣れもスピードも重要ですが、一番は“患者さんのために仕事をしているんだ”と、看護師として「仕事とは」と、はじめて自覚できた夜勤でした。



後日、この患者さんは病棟が変わったんですが、同時に僕は精神的に病んでしまい休職。
復帰後に病院の売店でばったり遭遇。

「私がなにか言ったから辞めちゃったんだと思ってたー」と患者さんに言われ、売店で号泣されました。
「こんなとこで泣かないでくださいよ。っていっても私も病室の外で泣きましたけどね」と笑いあいました。

//バックナンバー//

#001 はじめての尿カテ
#002 大好きな検査値
#003 ナース服のポケットに忍ばせたメモ
#004 患者の死
#005 はじめての経管栄養
#006 新人のうちはアラームになれ
特別編 いまこの時代に精神科看護師として働くこと
#007 夜勤前のルーティーン
#008 入院時のルーチン
#009 看護師が伝える言葉の重み

-----------------------------
fractale~mizuki~
twitter:mizuki@おぬ10年目看護師(@c_mikzuki

乗り物好きな看護師。事務職、データベースエンジニアを経て31歳で看護師に。脳外科、回復期、精神科病棟を経験。その後は在宅医療を経験し、再度精神科病棟へ。看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」管理者。医療メディア「メディッコ」メンバー。看護師のキャリアについて考える「ナスキャリ部!」副部長(仮)。その他多数プロジェクトに参加。好きな言葉は「まだ見ぬ誰かの笑顔のために」。好きな看護技術はひげ剃り(その他ほぼ不得意)。好きな看護業務はリーダー業務。好きな都バスの路線は【業10】新橋~とうきょうスカイツリー駅前。 

about fractale
https://fractale3.com/mizuki/