特別編|sick of COVID-19|大事なことはぜんぶ臨床で学んだんだ|satomi

看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」のみなさんが、毎回テーマに沿ってそれぞれの看護の足跡を残していく本企画。

「学びかたを学ぶことで看護師として生きる選択肢をふやしていく」ことをコンセプトに立ち上げたメディア「メディカLIBRARY」のスタッフが、毎回、フラクタルのみなさんにテーマを伝えています。

今回は特別編として「今の気持ち」を綴っていただきました。

---------------------

今回は、2回目の緊急事態宣言が出ている「今」について書きたいと思います。

突然ですが、みなさんは「今」どういう心境でしょうか。
タイトルにある“sick of”とは物事に“飽き飽きしている”ときとか、“うんざりしている”ときに使います。
今、まさにわたしはコロナに対してそんな感じの気持ちです。

わたしはインドアな趣味もあるし、1回目の緊急事態宣言のときから、自粛自体はキツイとは感じませんでした。
実際、今もそうなんです。
2021年になってから引っ越しと仕事以外での外出をしていないけど、ストレスを感じているかといったらそういうわけではない。

じゃあ、何に対して“sick of”なんでしょうか。

まず、コロナ関連の意味のわからない伝え方をしているメディア。
なぜ、日ごとの感染者数しか大々的に言わないのだろう。陽性率は……?
なぜ、重傷者数が減ったと喜んでいるのだろう。死亡者数増えているよね……?
なぜ、後遺症についての特集では、そもそもその人がどうして感染したのかまできちんと伝えないのだろう……。
きっと、病院で働いていて感染した人もいるだろうし、感染対策をまったくしないで感染した人もいるだろうし、感染対策をしていても感染した人もいるだろうし。
人々の不安を煽るのではなくて、行動変容につながるような報道をしてくれたらなって思ってしまいます。
報道内容によってですが、不愉快になることが多いです(笑)。

そして、自粛組とそうじゃない組の意識の乖離。
これが“sick of”の主要因かもしれない。

今回の緊急事態宣言は前回のものと比較して、制限がゆるくなっています。
昼間はたしかに制限されていないけど、みなさん、前回のときと同じようにしっかりと自粛をしているのではないでしょうか。
わたしもそうですが、会社や病院からのお達しがきているところもあると思います。
でも、外は案外、出歩いている人が多い。
人が多いとはいえ、いつもよりはすいてるもんね。
なんか、まともにやった人が損をしてしまうといいますか。
なんかそんな世情にうんざりしてしまいます。

医療関係者だって、人間です。
美味しいご飯を食べに行きたいし、行きつけの飲食店にお金を落としたいし、遊びにだって出かけたいですよね?
わたしだって、同じです。
もちろん医療関係者じゃなくても、厳格に自粛している人は多いと思う。
ちゃんと感染対策した人が評価されるシステムとかできないかな(笑)。

ポジティブなわたしでも、「すぐ解決するよ!」とか無責任なことは言えないので、こんな形で心境を伝えることしかできません。
同じように頑張っている人がいると思うとすごく救われます。
微力ですが、同じようにもやもやっとしている人の気持ちが少しでも軽くなるといいな。
ただただ、早く収束することを祈るばかりです。

//バックナンバー//

#001 はじめての尿道カテーテル
#002 なにがなんだかわからないケンサチ
#003 大きいからポケットには到底入らない
#004 家族じゃないからこそできること
#005 経管栄養とは
特別編 在宅は1人の感染が命取り
#006 自分にできることをやろう
#007 戦いは前日から
#008 波形だけじゃないよ、心電図モニター
#009 大切な人
#010 Positioning
#011 丁寧に、確実に
#012 小さな気遣い、大きな違い
#013 訪問看護と教育
#014 オンライン学会に参加して
#015 いちばん苦手な時間
#016 だって、忘れちゃうんだもの
#017 クラシカル訪問看護
#018 生きていく手段
#019 万能なケア
#020 転職は転機になりますよ
#021 絶妙な力加減
#022 なんとかなる
#023 学生さんの力
#024 夜勤時の戦友
#025 仕事道具なのかはわからないけど

-----------------------------
fractale~satomi~
twitter:さとみ(@minisatominy

三度の飯よりお酒が大好きな飲兵衛看護師。仕事終わった瞬間からが本番だと思っている。仕事は真面目な自信あり。大学病院消化器外科3年、民間病院ICU2年、公立病院脳外科夜勤専従、訪問入浴、デイ、老健など1年の派遣生活を経て、メルボルンへ10ヶ月の看護留学。帰国後から訪問看護師として働き3年目。座右の銘は「笑う門には福来たる」。根からの明るい性格を最大限に利用し、日々楽しく訪問中。マルチポテンシャライトだから特技っていう特技はないけど、強いて言えばラポール形成が無駄に得意。今までクレームや担当変更がないのが密かな自慢。ちゃっかり保健師免許所有。 

about fractale
https://fractale3.com/satomi/