看護師を辞めない理由|大事なことはぜんぶ臨床で学んだんだ|mizuki|#018

看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」のみなさんが、毎回テーマに沿ってそれぞれの看護の足跡を残していく本企画。

「学びかたを学ぶことで看護師として生きる選択肢をふやしていく」ことをコンセプトに立ち上げたメディア「メディカLIBRARY」のスタッフが、毎回、フラクタルのみなさんにテーマを伝えています。

今回のテーマは「看護師を辞めない理由」です。

---------------------

看護師という職業に限らず、どんな仕事をしていても“続ける理由”ってありますよね。
それは生活のためであるのはもちろん、将来の自己実現のために働き続ける、ステップアップのための仕事もあると思います。

僕は看護師の仕事をなぜしているのか。
本当はバスの運転手として働いたり、子どものころの夢である電車の車掌や、一般事務職としてパソコンに向かい文書を作る仕事がやりたいのはずに、なぜ看護師なのか。


僕が大学を卒業したとき、世の中は大不況でした。
いつもなら大学の研究室にたくさんの企業の人が来て「ぜひうちに就職してください」だったのが、突如としてなくなった。

僕は卒業後しばらくはバイトのような身分で働いていました。
どこにいっても期間が終われば勤務終了。
履歴書はもう50社以上は送っているのにどこにも採用されず。
それこそ金型作成の会社やディーラーでの営業職まで希望しました。
働いてなにかそこでスキルが生まれるだろうに、スキルアップをするスタートラインにも立てない。
「自分は世の中から必要とされてないんじゃないか」って思っていました。


そこから看護学校に行って看護師になったんですが、看護師になってもはじめの何年間かはつらい毎日でしたね。
ひどいいじめがあったわけでも、嫌な上司がいたわけでもないのですが、とにかく看護の業務が嫌だった。
モーニングケアは苦手、点滴も採血も苦手、バイタル測定もやたらと時間のかかる手際の悪い看護師でした。
でも「せっかく看護師免許を取得したんだから、生かして働きたい」という気持ちと「次の転職先でうまくいかなかったら看護師以外の仕事をやろう」という気持ちの葛藤がすごかったですね。
はじめの病院は通勤途中に逃走、その後の病院も夜勤に行けなくなるなど、それはそれはたくさん迷惑をかける看護師でした。


そこからどうして今まで看護師を続けているのか。
たぶん良い意味で“力を抜いて働けるようになった”からでしょうね。
新人のうちはとにかく覚えることがいっぱいで、しかも目立ちたくないからほかの人と同じような行動を取らないといけないって思って緊張の連続でした。
徐々に業務は覚えても、看護師の仕事というのは患者さんの命と直結する仕事。
だから仕事中は力を抜きにくい。
なので“知識を味方にする”ことが大切かなと。
疾患やら看護技術などを知識として持っておくと予測ができる。
そうなると自然と楽に行動ができます。
例えば前日に天気予報を知っておけば、出勤時の服装をどうしようか、出勤前に慌てることはないですよね。
それと同じように事前に知識をつけておけば、それは自分にとっての武器になります。
そのために研修会や勉強会は積極的に参加するようになりました。

また、仕事中は慌てないように仕事をする。
何が起こっても慌てない。
「看護師という免許を持ったプロなのだから、プロは慌てない」って思いながら仕事をしています(実際は慌てふためいていますが(笑))。
力の抜けるときは力を抜く。
緊張・解放を“適当に”できるようになったら、仕事がうまく回るようになりました。


自分では向いていないと思う看護師。
けど、まあ、続いているならこのまま続けてもいいのかなって思います。

//バックナンバー//

#001 はじめての尿カテ
#002 大好きな検査値
#003 ナース服のポケットに忍ばせたメモ
#004 患者の死
#005 はじめての経管栄養
#006 新人のうちはアラームになれ
特別編 いまこの時代に精神科看護師として働くこと
#007 夜勤前のルーティーン
#008 入院時のルーチン
#009 看護師が伝える言葉の重み
#010 体位変換
#011 想像と違うオンコール
#012 好きな手技
#013 後輩が持つノートのサイズ
#014 時代がようやくついてきた
#015 自分の視点を伝えること
#016 昼間と夜間は仕事が違う
#017 「つながりは大切!」ってのはわかるんだけど

-----------------------------
fractale~mizuki~
twitter:mizuki@おぬ10年目看護師(@c_mikzuki

乗り物好きな看護師。事務職、データベースエンジニアを経て31歳で看護師に。脳外科、回復期、精神科病棟を経験。その後は在宅医療を経験し、再度精神科病棟へ。看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」管理者。医療メディア「メディッコ」メンバー。看護師のキャリアについて考える「ナスキャリ部!」副部長(仮)。その他多数プロジェクトに参加。好きな言葉は「まだ見ぬ誰かの笑顔のために」。好きな看護技術はひげ剃り(その他ほぼ不得意)。好きな看護業務はリーダー業務。好きな都バスの路線は【業10】新橋~とうきょうスカイツリー駅前。 

about fractale
https://fractale3.com/mizuki/