たぶん人生でいちばん嫌だったとき|大事なことはぜんぶ臨床で学んだんだ|mizuki|#023

看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」のみなさんが、毎回テーマに沿ってそれぞれの看護の足跡を残していく本企画。

「学びかたを学ぶことで看護師として生きる選択肢をふやしていく」ことをコンセプトに立ち上げたメディア「メディカLIBRARY」のスタッフが、毎回、フラクタルのみなさんにテーマを伝えています。

今回のテーマは「看護実習」です。

---------------------

看護師のみなさんは、絶対に避けては通れない道である「実習」。
僕は社会人学生だったので、人との接し方はある程度ちゃんとできると思ってたし、実習なんてたいしたことはないって思ってたんです。



しかし、その考えが甘かったとわかるのは、みなさんも想像が容易にできると思います。
もうまったくできなかった。

むしろ社会人経験が邪魔をして、“ほかの学生よりもできる”と思っていたプライドがガタガタと音を立てて崩れていきましたね。

もう本当に思い出したくもない実習ですが、専門学校1年目の実習。
学生になって最初の実習、学年で僕ともう1人の学生だけが合格せず、春休みに再実習で病院に行ってました。
30歳近い男の看護学生が春休みを返上し再実習。
本当につらかったですね。
あのときの評価が低かった理由はなんだったのか、いまだによくわかりませんが、あのときにいい感じでプライドが崩れ、「自分もほかの学生と同じ学ぶ立場、学生なんだ」と思うことができました。

そのあともテストも実習も点数が低い学生でした。
その低空飛行のまま3年生の実習。

最終学年であり「これを乗り切って国試に!」ってときに、ある日実習に行けなくなりました。


なんかどんなにがんばっても、いろいろ調べて記録しても先生の評価が低いんです。
もともとできない学生ではあったんですが、「このままだと単位取れないよ」って先生に言われたんですよ。
そのきっかけで朝、実習に行けなくなりました。
家に引きこもってその日が過ぎるのをじっと家のなかで耐え過ごし、夕方になったときにクラスメイトから「これから鍋パーティーやるから起きて待ってて」とメールが。

いやいや、今日は実習休んじゃったしみんなは実習で疲れてるだろうし、記録とかしないとだから会えないよってメールしたんですが、かまわずにスーパーで食材やらお酒(参加者は全員社会人学生でした)やらを買い込んできて、6人ぐらいが狭い1Kのアパートにどんどん入ってきて勝手に調理し始める。


そして鍋が調理し終わったときに「落ち込んでいるんじゃないかなって思ってみんなで励ましに来たんだよ」と。
もうすごい泣きましたね。
今まで抱え込んでたこととか悩みごととか、それこそ社会人経験なんてしなければよかったとか。
そんな話をみんなが聞いてくれて。
その人たちも社会人経験者だから僕の気持ちはよく理解してくれて。
みんなで深夜まで話しましたね。

たぶんこのできごとがなかったら学生辞めてたし、看護師にもなってなかった。
そして自分は独りじゃないんだって、気がつくことができました。

いまやSNSが発達しているから、学校を超え年代も超えた交流ができる時代です。
実習でつらい思いをしていたり、学校生活につまずきそうな人がいたら、誰かにヘルプを出すことも大切かもしれません。

看護学校なんて、自分の人生でわずか一瞬。
その一瞬のできごとが、今後の人生に影響します。
だからこそ、心身共に健康な学校生活を送ってもらいたいと思います。

//バックナンバー//

#001 はじめての尿カテ
#002 大好きな検査値
#003 ナース服のポケットに忍ばせたメモ
#004 患者の死
#005 はじめての経管栄養
#006 新人のうちはアラームになれ
特別編 いまこの時代に精神科看護師として働くこと
#007 夜勤前のルーティーン
#008 入院時のルーチン
#009 看護師が伝える言葉の重み
#010 体位変換
#011 想像と違うオンコール
#012 好きな手技
#013 後輩が持つノートのサイズ
#014 時代がようやくついてきた
#015 自分の視点を伝えること
#016 昼間と夜間は仕事が違う
#017 「つながりは大切!」ってのはわかるんだけど
#018 看護師を辞めない理由
#019 やっぱり苦手な清潔ケア
#020 今度こそは看護師をしないぞと思う
#021 患者さんとのディスタンス
#022 自分は人とは違う

-----------------------------
fractale~mizuki~
twitter:mizuki@おぬ10年目看護師(@c_mikzuki

乗り物好きな看護師。事務職、データベースエンジニアを経て31歳で看護師に。脳外科、回復期、精神科病棟を経験。その後は在宅医療を経験し、再度精神科病棟へ。看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」管理者。医療メディア「メディッコ」メンバー。看護師のキャリアについて考える「ナスキャリ部!」副部長(仮)。その他多数プロジェクトに参加。好きな言葉は「まだ見ぬ誰かの笑顔のために」。好きな看護技術はひげ剃り(その他ほぼ不得意)。好きな看護業務はリーダー業務。好きな都バスの路線は【業10】新橋~とうきょうスカイツリー駅前。 

about fractale
https://fractale3.com/mizuki/