特別編|そろそろ先が見えてこないかな|大事なことはぜんぶ臨床で学んだんだ|mizuki

看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」のみなさんが、毎回テーマに沿ってそれぞれの看護の足跡を残していく本企画。

「学びかたを学ぶことで看護師として生きる選択肢をふやしていく」ことをコンセプトに立ち上げたメディア「メディカLIBRARY」のスタッフが、毎回、フラクタルのみなさんにテーマを伝えています。

今回は特別編として「今の気持ち」を綴っていただきました。

---------------------

今回は緊急事態宣言が出ている「今」について書きたいと思います。


2020年4月に出た1回目の新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言。
その後、解除されてから新型コロナウイルス感染症に感染する人は増え続け、第2回目の緊急事態宣言が発出されました。
ちょっと調べてみたところ、この緊急事態宣言、日本で発出されたのは、福島第一原子力発電所の事故以来とか。
原発事故も「明日の暮らしはどうなっちゃうんだろうか」と思いましたが(福島第一原子力発電所事故の時は福島に住んでおりました)、現在はどうでしょうか。
少なくとも2020年4月の緊急事態宣言とは違う気持ちなのではないでしょうか。


目に見えない驚異が、ここまで世界を混乱させるとは。
しかし、ワクチンの開発が進み、どのように接種させるかの議論が始まっていることを考えると、少なくとも2020年4月のころより状況は進んでいると思います。

ただ、だからといって自分の気持ちは明るくなったかと言えばそれはまったく感じなく、むしろ「いつまで続くのよ、この状況は。そろそろ嫌気が差してきた」と思っています。


世の中のたくさんの人々が、2020年を楽しめなかったと思います。
私も両親の住む実家(福島県)に千葉(所在地)から行ったのは2020年2月が最後。
毎年楽しんでいた札幌への旅行も行けず、友人が増えてきた関西へも行けず、ましてや飲み会もできなくなった。
あんなにいろんな人と「カンパーイ!」と言っては写真を撮影していたのが嘘のようです。
オンライン飲み会という新しい様式で飲み会をやっていますが、なにか違う。
研修もweb研修。
これはこれで良い気もするけど、研修は「会場までの交通手段」を悩むのが楽しみの一つ。
これが完全になくなりました。



個人的な話ですが、2020年8月に彼女ができました。
しかし、旅行に行ったりはできず、千葉県内の近場をドライブしたりしています。
人が多いお店は入り口で立ち止まり「帰ろう」と言ってお店には入らず帰ることが普通になり、屋内の密になる場所を避け、今年はこんなに寒いのに屋外にいる時間が増えました。

僕の大好きな福島の景色も見せたいのですが、自分のスマホの写真だけ。
両親にも彼女を紹介したいのですが、「不要不急の外出の禁止」に当てはまるような気がして。
「不要不急」って言葉、生きているうえで不要不急な出来事ってどんなことかなっていつも悩んでしまいます。


同じく悩むこととして「体調が良くないときは休むように」という病院からの指示。
正直、40代のおっさん、「今日は元気だ!! バリバリ働くぞ!!」なんてことはなく、どこかいつも「だるい」。
このだるさが体調が良くないのかどうかわかりません。
いつもなんとなく調子悪いのですが、こうなると、体温計しか信じられなくなります。


私の職場は精神科病院なので、普段から感染症を扱っているわけでもなく、正直「どう対応していいかわからない」というのが私の気持ちです。
だから雑誌やweb記事を読み漁って、自分なりに勉強をしています。
時として、感染症病棟で働いている知り合いに、対策の話を聞いたりもしています。


世界中の人々が、経験したことのない事態。
新型コロナウイルス感染症に打ち勝ったとき、この世の中はどんな時代になっているのでしょうか。
というか、次に同じような題材のコラムを書くとき、少なくとも今よりは明るい未来が待っていることを信じたいです。

//バックナンバー//

#001 はじめての尿カテ
#002 大好きな検査値
#003 ナース服のポケットに忍ばせたメモ
#004 患者の死
#005 はじめての経管栄養
#006 新人のうちはアラームになれ
特別編 いまこの時代に精神科看護師として働くこと
#007 夜勤前のルーティーン
#008 入院時のルーチン
#009 看護師が伝える言葉の重み
#010 体位変換
#011 想像と違うオンコール
#012 好きな手技
#013 後輩が持つノートのサイズ
#014 時代がようやくついてきた
#015 自分の視点を伝えること
#016 昼間と夜間は仕事が違う
#017 「つながりは大切!」ってのはわかるんだけど
#018 看護師を辞めない理由
#019 やっぱり苦手な清潔ケア
#020 今度こそは看護師をしないぞと思う
#021 患者さんとのディスタンス
#022 自分は人とは違う
#023 たぶん人生でいちばん嫌だったとき
#024 看護師という運命共同体
#025 看護師1年目から使い続けているもの

-----------------------------
fractale~mizuki~
twitter:mizuki@おぬ10年目看護師(@c_mikzuki

乗り物好きな看護師。事務職、データベースエンジニアを経て31歳で看護師に。脳外科、回復期、精神科病棟を経験。その後は在宅医療を経験し、再度精神科病棟へ。看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」管理者。医療メディア「メディッコ」メンバー。看護師のキャリアについて考える「ナスキャリ部!」副部長(仮)。その他多数プロジェクトに参加。好きな言葉は「まだ見ぬ誰かの笑顔のために」。好きな看護技術はひげ剃り(その他ほぼ不得意)。好きな看護業務はリーダー業務。好きな都バスの路線は【業10】新橋~とうきょうスカイツリー駅前。 

about fractale
https://fractale3.com/mizuki/