オフになるフィールドを探す|大事なことはぜんぶ臨床で学んだんだ|mizuki|#032

看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」のみなさんが、毎回テーマに沿ってそれぞれの看護の足跡を残していく本企画。

「学びかたを学ぶことで看護師として生きる選択肢をふやしていく」ことをコンセプトに立ち上げたメディア「メディカLIBRARY」のスタッフが、毎回、フラクタルのみなさんにテーマを伝えています。

今回のテーマは「オンとオフを切り替える瞬間」です。

---------------------

ゴールデンウィークも終わり、次の祝日が7月までないですね。
この時期、異動された方、新人の方は一番きつい時期になるかなと思います。
4月からの新しい環境で「ゴールデンウィークを楽しみにがんばろう!」と思っていたのに、その「ご褒美」が終わってしまった。

ではどうやって仕事をがんばっていくか。
今度は日々の生活において、ちょっとした休息を増やしていくことが大切かもしれません。

僕は社会人になってから、ずっとずっと「オンオフの切り替えができない」人間でした。
つねに仕事のことを考えてしまう、寝ているときも仕事のことを考えてしまうような感じで。
しかも目立つことが嫌な性格で、他の人と同じようにやりたいと強く思うので、「明日は7時35分には着替えを終えて病棟行かないと。30分だと早すぎたから35分にしよう」など、細かく考えちゃうんです。
それでうまくいかないととても後悔する性格。
ちょっと面倒なんです。

だからオンとオフはしっかりしたいと、休みの日はとにかく自分の好きなことをしようとするけど、次の出勤のことが気になってしまう。
どうにかしたいなとあれこれ考えましたが、結局は「考えることは仕方ない」と思うようにしてあきらめることにしました。
ただ、家にいると仕事のことを考えてしまうので、とにかく外に出るようにしました。
いろんな場所に行き、いろんな景色を見る。
そうやって無理やりにでも仕事のことを忘れるようにしていました。

今は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点からなかなかできません。
そのため、密にならないよう1人でドライブして、なにも食べずに帰ってくるようなことをしています。

あとは、仕事以外で活躍するフィールドを見つけることも大切です。
僕の場合はSNSを通じて知り合った人たちと活動したり、オンライン飲み会などをしています。
仕事をオンとするなら、こういう時間が最近のオフかもしれません。
いろんな方々と知り合うことで、自分の世界が広がる。
そうなるとメインの仕事のことだけ考えることはなく、自然と仕事を忘れるようになります。

オンとオフの切り替えが苦手な方。
ぜひ幅広くいろんな人と交流を持つと、自然とオフな時間が作れるようになるかもしれません。

最後に。
僕もメンバーになっている医療職の多職種連携について情報発信をしているメディッコから本が出ました。
現場から学ぼう!看護師のための多職種連携攻略本』というものです。
看護師のためのと書いてありますが、どの職種でも読める本となっております。
ぜひ読んでいただければと思います。

//バックナンバー//

#001 はじめての尿カテ
#002 大好きな検査値
#003 ナース服のポケットに忍ばせたメモ
#004 患者の死
#005 はじめての経管栄養
#006 新人のうちはアラームになれ
特別編 いまこの時代に精神科看護師として働くこと
#007 夜勤前のルーティーン
#008 入院時のルーチン
#009 看護師が伝える言葉の重み
#010 体位変換
#011 想像と違うオンコール
#012 好きな手技
#013 後輩が持つノートのサイズ
#014 時代がようやくついてきた
#015 自分の視点を伝えること
#016 昼間と夜間は仕事が違う
#017 「つながりは大切!」ってのはわかるんだけど
#018 看護師を辞めない理由
#019 やっぱり苦手な清潔ケア
#020 今度こそは看護師をしないぞと思う
#021 患者さんとのディスタンス
#022 自分は人とは違う
#023 たぶん人生でいちばん嫌だったとき
#024 看護師という運命共同体
#025 看護師1年目から使い続けているもの
特別編 そろそろ先が見えてこないかな
#026 僕が伝えたいこと
#027 たいへんなときのなかでの入職
#028 必死に受かろうとして手にしたもの
#029 看護師からのひとことが決めた未来
#030 1人の人にかかわる人々
#031 自宅で過ごすということ

-----------------------------
fractale~mizuki~
twitter:mizuki@おぬ10年目看護師(@c_mikzuki

乗り物好きな看護師。事務職、データベースエンジニアを経て31歳で看護師に。脳外科、回復期、精神科病棟を経験。その後は在宅医療を経験し、再度精神科病棟へ。看護師クリエイティブプロジェクト「fractale」管理者。医療メディア「メディッコ」メンバー。看護師のキャリアについて考える「ナスキャリ部!」副部長(仮)。その他多数プロジェクトに参加。好きな言葉は「まだ見ぬ誰かの笑顔のために」。好きな看護技術はひげ剃り(その他ほぼ不得意)。好きな看護業務はリーダー業務。好きな都バスの路線は【業10】新橋~とうきょうスカイツリー駅前。 

about fractale
https://fractale3.com/mizuki/